朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」

映画「桐島、部活やめるってよ」日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞おめでとうございます!

すごくよかったけどこんなメインの賞を穫るとは思わなかったので、感激もひとしおです。これからDVDを見る人も多いと思いますが、原作もぜひ読んでもらいたく、以前書いていたレビューですが、ここにものせておきます。

先日バス停で聞こえてきた、たぶん男子中学生の会話。

 

「なんか部活、行けないんだよねー。でも行ってることになってるから、シャツにギャツビースプレーしといた」「親うるせーもんな」


思わず、苦笑です。まさしく自分の子も同じようなこと言っていたので。親にしてみたら、団体行動なのに迷惑かけて!とキリキリしていたけれど、あの頃、なんだかわからないけど嫌になったり、思い詰めたり、そんなことが部活の中でたくさんあったんだっけな、と今さらながら思い出したりしたのでした。

そんなこともあって、今回は朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』です。

第22回小説すばる新人賞受賞作、著者は1989年生まれの現役早稲田大学生、という話題性はともかく、新しい青春小説として人気、評価ともに高い作品です。 

ここ数年、部活をテーマにした小説や漫画、それを原作にした映画が急増していますよね。マイナーな、書道部や文芸部、園芸部など、文化部系のいかにもドラマになりにくそうな部活がテーマになってきました。結構気になって色々読みましたが、部員同士の人間関係や、競技描写など、まさしく「部活」が描かれていて、全般的に楽しめるジャンルです。

『桐島、〜』は、少々それらの部活小説とは色合いが違います。

タイトルの「桐島」は一度も登場せず、桐島が部活をやめることによって生じたちょっとした変化が、登場する他の高校生にもたらした波紋が描かれています。

 

桐島がいなくなったかわりに、レギュラーの座をつかむことになったバレーボール部員、自分も部活を休んでいる野球部員、クラスのヒエラルキーでは「下の人」で女子にも蔑まれているけど、好きなことを続けている映画部員など、何かしら屈折した思いを持っている。恋愛、家族、友人、悩みはつきないけど、ちょっとしたことで何かが大きく変わったり、視野が広がったりする。そのきっかけが、部活であったり、同級生の桐島が部活をやめることだったりする。それぞれ葛藤をかかえていても、部活を、好きなことをしているときは、ひかりを放っている……そうだ、17歳の頃って、そんな世界だったんだ、と甦ってきます。

大人はついそんなノスタルジー読みをしてしまいますが、つい最近まで高校生だった著者が描く17歳の学校生活は、音楽もファッションも恋愛もリアルで、同世代は自然と共感するでしょう。派手な展開もなく、わかりやすいキャラクターも出てこない文芸作品だけど、もし高校生に受入れられているとしたら、部活というものの存在を、間違えなく伝えているからでは、と感じました。

(makio)

『桐島、部活やめるってよ』

朝井リョウ 集英社 2010年10月