夢の彼方への旅

メチャメチャ好みの本でした〜♪

 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロンドンの寄宿学校でくらすマイアは、列車事故で両親を亡くし、家庭教師のミントン先生とともに、ブラジルに住む親戚のもとにひきとられることになった。長い船旅のすえ、ふたりがたどりついたのは、ゴムの栽培によって富を手にした入植者たちがジャングルのなかに建設した美しい町だった。ヨーロッパの文明と圧倒的な自然が混在する世界で、マイアはしだいにアマゾンでの生活に魅せられていく。物語の名手イボットソンが、エキゾチックな世界を舞台にそのストーリーテラーぶりを遺憾なく発揮した会心の傑作。スマーティーズ賞金賞受賞作。

著者はエヴァ・イボットソンさん
出版社は偕成社です。

イボットソンさんの作品は
アレックスとゆうれいたち
幽霊派遣会社
を過去記事で紹介しています。

今まで紹介したイボットソン作品2冊は幽霊モノでしたが
この「夢の彼方への旅」は全然テーマが違います。
YAと児童書の中間くらいな作品なので
どちらにするか悩んだ後、本の厚さや文字の大きさなどでYAにしました。

 

舞台になるアマゾン。
このエキゾティックさに反応するか、しないか。
主人公のマイアは反応しました。彼女は図書館の本でこんな記述を見つけます。(以下「 」内、本文より抜粋)
「アマゾンを緑の地獄だと思いこんでいれば、このすばらしい土地に恐怖と偏見を持ちこむだけである。その場所が、地獄になるか楽園になるかは、あなたしだいなのだ。勇気とひらかれたココロを持ってその地にのぞむ人は、かならずそこに楽園を見いだすことだろう」
マイアは楽園を見いだすことを決意しました。
学園の他の子たちは、同じようにアマゾンについて調べても
怖ろしい場所であるという記述しか見つけられませんでした。

これをね
『どんな場所にでも共通すること』
ってくくっちゃうことはわりとカンタンかな…と思います。
抜粋しながらそんなふうにまとめそうにもなりましたしね。

でも
それより強く
この本で伝えたいのは
アマゾンという場所への憧れ
なんです。

反応する場所って、人によって様々です。
たとえば、先日紹介した『少年』の著者、ロアルド・ダールさんはアフリカに憧れてルンルンで赴任しましたし
オンム・セティことドロシー・ルイーズ・イーディーさんは幼いころからエジプトに焦がれるように想いを馳せて移住しました。

そして
マイアと家庭教師のミントン先生は
アマゾンに魅せられ、その自然の中で過ごしたかったのです。

実際のところ
マイアをひきとった親戚の人たちは
アマゾンに魅せられた人々ではなかったので
彼女たちはなかなかに苦労します。

策を練り、実行するのはミントン先生。
でも、それをマイアに事前に知らせることはしません。
水くさい?
いいえ、なにかあったときにマイアを守るには
あんまりいろんなことを知らせない方がいいからです。
大事な部分に来たときは、ちゃんと打ち明けていますしね。

このミントン先生がすごく頼もしくて
安心して読める大きな要素になっています。
奇妙な風習や奇妙な人に出会ったときに「大丈夫」って思える人がいるって
現実でも、本の中でも安心できるものですね。

しかし
このミントン先生
アマゾン行きの船あたりから、なんとなく
タダモノではない雰囲気がありまして
アマゾンでは一筋縄ではいかないかっちょよさを発揮。
<しなくてはいけないこと>と<自分で自由の道を選ばせる>ことを両立させようとするなんて
そんじょそこらの女性では考えつきもしないでしょう。
こんなふうにまっとうでありながら冒険心あふれる大人が見守ってくれるのですから
周囲の環境がちょっとくらいアレでも、道は見つかるというものです!

この本には、マイアを中心とするメインの物語があり
それより一世代前のサイドストーリーがあります。
そのサイドストーリーで重要な役割を果たしていたのが、このミントン先生なのでした。

メインの物語も、実をいうとアマゾンのストーリーとイギリスのストーリーがあり
こんなふうに書くとごちゃごちゃしているように思われそうなんですが
読んでみるとそれぞれの絡みかたもわかりやすいものですから
読みにくさはないはずです。
ワタシ、こういういろんなストーリーが伏線的に起きて、絡んではまる物語、好きなんですよねぇ♪

この『はまる』感は
物語でいうところの『自分の居場所』と共通するものがあるでしょうね。

今回、ワタシにしてはめずらしく抜粋が多いですが
これが自分の居場所だ、と思える場所を得られることについて
ミントン先生の名言を以下に抜粋。

「ご両親が亡くなったとき、マイアの中でなにかがこわれてしまったのだと思います。でもそれが、アマゾンの大自然の中で癒された。(中略)子どもは大きな人生を歩まなければなりません……それだけの力を内に秘めている子どもならば。そしてマイアはその力を持っているんです」

誰かを亡くす、ということに限らず
人の中で何かが壊れてしまうことって、あります。
でも、人は、それを癒すこともまたできるのです。

 

人によっては、どこかの場所にいることで。
人によっては、なにかを自分がすることで。
人を読むことかも?

この本とアマゾンの自然や、そこに住む人々、そこを楽しむ人々の物語で
少しでも気持ちが癒される人がいたらいいな…と思います。

(しろいまちこ/ワタシノスキナコドモノ本)