【特集:2011年のベスト本】YA*cafeでおすすめされていた本-その1

以前参加した、YA作品の読書会「YA*cafe」。今回はおすすめのYA作品を1、2冊を持ち寄って集まるとのことで、行ってきました。新刊既刊、児童書一般書さまざまで、YAの入り口からみなさん面白い読書体験に広がっているんだな、と実感しましたよ!

参加したみなさんのおすすめ作品を、ランダムにご紹介していきます。

 

フォスターさんの郵便配達

エリアセル・カンシーノ=著, 猫野ぺすか=イラスト, 宇野和美=訳 偕成社 2010年

 

つい、うそばかりついて、学校にも行かない少年ペリーコ、村にただひとりのイギリス人フォスターさん。ふたりの出会いは、ペリーコの世界を大きく変えていく。一九六〇年代スペイン、海辺の村を舞台にえがかれるだれもが共感する、みずみずしい成長の物語。スペイン実力派作家のアランダール賞受賞作。小学校高学年から。(「BOOK」データベースより)

 

ダーウィンと出会った夏 

ジャクリーン ケリー (著),  斎藤 倫子 (翻訳)  ほるぷ出版  2011年

 

1899年、新世紀を目前にしたテキサスの田舎町。11歳のキャルパーニアは、変わり者のおじいちゃんの「共同研究者」となり、実験や観察をかさねるうち、しだいに科学のおもしろさにひかれていきますが…。ニューベリー賞オナー作。(「BOOK」データベースより)

 

 

怪盗ジバコ

北 杜夫  文春文庫(新装板)2009年


一国の国家予算を超える盗みを働き、地球上に足跡の及ばざるところは皆無。明智小五郎やジェームズ・ボンドさえも翻弄する正体不明の大怪盗、ジバコ。彼の超人的かつ「1万ドルを盗むのに10万ドルをかける」少々フシギな活躍を描いた、北杜夫のユーモア小説における代表作(「BOOK」データベースより)

 

 

きらきら 

谷川 俊太郎 (著), 吉田 六郎 (写真) アリス館  2008年

 

*CD付き写真絵本です