【特集:今年のベスト本】 『僕とおじいちゃんと魔法の塔』

 

 香月日輪 最高のエンタメです。 

 主人公に成長がない?・・・いいんです。そーゆー話ではないのですから。 とんでもない人間(人間外)が繰り広げるやりたい放題の物語ですもの。 いや、主人公の龍神も第1巻でちゃんと成長します。

 

 でも、2巻以降は個性的なキャラたちに押されて透けてきます(笑) そして、この本も『妖怪アパート』とリンクしています。 ちなみに、この本を同じ学校の40代の栄養士に貸したら面白くて10回読み返したそうです。

(ニャン左衛門)

『僕とおじいちゃんと魔法の塔』①〜③

香月日輪 /著  角川文庫  2010年