2013年

5月

21日

辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」

第31回メフィスト賞受賞作であるこの作品。「冷たい校舎の時は止まる」というタイトルの示す通り、しんしんと雪が降る、凍てつくような寒さの冬の高校が舞台となっています。


いつも通りに登校した8人の高校生。しかし、次第に何かがおかしいことに気づく。開かない扉、無人の教室、5時33分で止まった時計……凍てつく校舎の中に閉じ込められてしまった彼らはどうすれば校舎の外に出ることができるのだろうか。みんなが悩む中、ふと2ヶ月前の学園祭の最中に自殺した同級生がいたことを思い出す。しかし、不思議なことにその人物の顔と名前が誰かに奪われたように8人の記憶からすっぽりと抜け落ちてしまっている。その人物は一体誰なのか、どうして学校に閉じ込められてしまったのか……

自殺者はこの8人の中の誰かだ―――

上記のようなあらすじで展開していき、いわゆる「ミステリー」にカテゴライズされるこの作品。じわじわと迫りくる恐怖や衝撃のラストもさることながら、大きな特長の一つとして挙げられるのは魅力的な登場人物です。自分に厳しく、他人に一切の弱さを見せないクールビューティー「桐野景子」。勉強にスポーツ、そして教師生徒を問わず誰もが一目置くカリスマ性を持つなんでもござれのスーパー高校生「鷹野博嗣」など、色とりどりの個性を持つ男子4人、女子4人からなる主要登場人物8人は県下でも有数の進学校に通う成績優秀な秀才グループで、そのフレッシュな気力と体力と知力で大抵の困難は解決できるかのように思えます。しかし、ストーリーが展開し、それぞれのキャラクターがゆっくりと肉付けされていく過程で、登場人物みんなが目に見えないところで悩みを抱えてもがいていることが分かり、登場人物の誰か一人にはものすごく共感してしまうこと必至です個人の感想としては、全国トップクラスの成績と誰もが舌を巻く画力を持つ天才「清水あやめ」が抱える、自分の才能の無さを嘆き、本物の天才とは何か、といった悩みやついつい悲観的に物事を捉えてしまうこのキャラクターにグッときてしまい、深く共感しながら物語を読み進めていった記憶があります。

上・下巻合わせて1100ページ以上となる読み応えたっぷりのこの作品。登場人物の一挙手一投足や揺れ動く感情に共感し、不意打ち気味に発生する不気味な現象に戦慄し、衝撃の結末にあっと驚く……切ないエピソードや誰もが抱えている悩み、スリリングな展開と言った若者の求める諸要素がふんだんに詰め込まれた、まさにティーンズが読むべき一作、それが「冷たい校舎の時は止まる」です。


『冷たい校舎の時は止まる』

辻村深月 2004年6月 講談社

0 コメント